ロングボードをしています。まだテケテケだけど、自分なりにがんばっています。サーフィンはサイコー!  そんな気持ちをみんなにもわかって欲しいなっ。     LET’S SURFING!!


by naminori-girl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:本( 5 )

秘密

a0017242_11395069.jpg
本日のお勧め本!

秘密    著者:東野圭吾

★内容★
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な"秘密"の生活が始まった。



★感想★
今更ですが、面白かった。さすが東野圭吾!といった感じ。この作品は98年のベストミステリーだとか。納得。広末涼子出演で映画になったのは知っていたが、あまり興味がなかったので見ていない。でも本を読んで、映画も見たくなった。どう演出されているのかが楽しみ。あまり期待はしていないけど・・・


こちらから購入できます
[PR]
by naminori-girl | 2004-08-05 11:46 |

忘れ雪

a0017242_144753.jpg
本日のお勧め本!

忘れ雪    著者:新堂冬樹

★内容★
傷ついた子犬を拾った少女は、獣医を目指す少年に助けられた。幸せな出逢いは、少女の悲しき家庭環境により別れを迎える。8年後、ふたりは再会するが彼女は失踪する。愛しあっているのに巡り逢えないふたり。
裏のノワール社会を描く新堂冬樹が、初めて挑戦する甘くせつなく、涙なしでは読めない恋と愛の物語。お互いに心は通じ合っているのに、引き裂かれ出会えない、激しい男と女の運命は…。
甘くせつなく、涙なしでは読めない恋愛小説。



★感想★
号泣しました。動物物にはやっぱり弱い。人間って運命・縁ってあるんですよね。いくらがんばっても縁がないと上手くいかない。最後はちょっと納得できなかったけど、主人公の女の子に共感しました。愛だ恋系がだめな人はムリかもしれません。こんな純な恋愛がしたい波乗りGIRLであった。


こちらから購入できます
[PR]
by naminori-girl | 2004-07-14 14:49 |

アッシュベイビー

a0017242_0535.jpg
本日のお勧め本!

アッシュベイビー     著者:金原ひとみ

★内容★
私に最高の死をください。彼の手から与えられる 唯一の幸せを私にください。

(内容説明になっておりませんが、ご了承ください。説明できないです)


★感想★
始めはoh!おもしろいなっと思って、ぐんぐん吸い込まれていった・・・
だけど・・・・どんどんグロクなってきて、理解できない状態に・・・
確かに納得できる部分もたくさんあったけど、とにかくグロかった・・
でも、すごいなと思ったのが、ここまで人を嫌な気分にさせる程、表現がうまいって事。普通、ここまで表現できないんじゃない???
いろんな人の評価をみてみたけど、あんまりいい評価はなかったなぁ。
わたしはマ○コ・チ○コにまったく抵抗がない。
だからそこは全然平気だったけど、
にわとりを殺したり、うさぎのみみを取ったりはきびしかった・・・
うーん。なんとも言えない本であった。
でもずっと、新聞のランキングの上位にあったってことは、
それだけの魅力があるって事でしょう。

うまく言えないけど、読んでみるのもいいのでは!?
新しい発見ができるかもよっ。
こちらから購入できます
[PR]
by naminori-girl | 2004-07-08 00:54 |

Good Luck

a0017242_151618.jpg


Good Luck   
著者/訳者名:アレックス・ロビラ/著 
フェルナンド・トリアス・デ・ベス/著 田内志文/訳



ふと、本屋さんに立ち寄った時、惹かれて思わず購入。
↓こんな事を書かれてしまっては、読んでみたくなってしまう・・・

「これは不思議な本だ。
マーケティングの神様、フィリップ・コトラーは「星の王子さまのようだ!」と絶賛し、
ビジネスマンは実践的なノウハウを学ぶために読み、
若者はくり返し読んで人生のバイブルにしたという。
子どもは面白い物語として読み、
親はわが子へ大切なことを知ってもらうために読ませたいという。
この本は読む人によって、伝説にも、哲学書にも、ビジネス書にもなる。
スペインでベストセラーになり、現在、その力は世界中に伝播し、
50か国、17言語での出版が決まっている。
この本が、あなたにとっていったいどんな意味を持つのか、予想もつかない。
しかし、必ず何らかの新しい価値を示す一冊になると確信している」

★内容★
54年ぶりに再開した2人。幼い頃親友だった2人は、片方は豊かな人生を手に入れ、もう片方はすべてを失っていた。2人の運命を分けたのは、ひとつの寓話だった。その寓話が「魅惑の森でクローバーを探す2人の騎士の物語」である。



★感想★
うーん。とりあえず感想は
「分かってる事をあらためて感じる事のできる本」とでもいうのでしょうか。
私はこの本で感動とか前向きに生きようって感じにはならなかったです。
確かに言ってる事は間違っていないし、
そうなんだよねぇって感じはある。
でもねぇ、最近流行の本って感じですね。
「チーズはどこ消えた」系っていうのかな???

人生を考え直す時にはよろしい本だとは思います。

みなさんも運と幸運の違いを学んではいかがですか??(読めば分かる)




こちらから購入できます
[PR]
by naminori-girl | 2004-07-05 15:07 |
a0017242_15404.jpg
いつも、いつもサーフィンの事じゃつまらない!?って事で、
波乗りGIRLがお勧めする(いや、読んだ)本を紹介して行きたいと思います。

白夜光     著者:東野圭吾

★内容★
十八年前の質屋殺しに浮かびあがる男と女、そして少年と少女。悪のふきだまりの只中にいる男と女の末路はいかに!? 運命の冥い淵を描く長大な物語。



★感想★
第一弾は私の大好きな作家の一人である東野圭吾さんの作品。

これはあまりにも有名で、読んだ人がほとんど!?だと思うけど、
読んだ事のない人は必読です!!!!

もうかれこれ5年ぐらい前になるのかな??
友人に「この本面白いから読んでみなっ」と言われ渡された本・・
始めはぶっとくて、文字も小さいからとちょっと気はすすまなかったのだ。
それまで、本を読むのは大好きだったけど、
単行本のわりと簡単な本ばがり読んでいた私は結構抵抗があったのだ。
でも読み始めてみると、グングン本の中に吸い込まれていった。
重いハードブックでもいつも持ち歩いて、
夜寝る間も惜しんで読んだ記憶がある(笑)

今思えば、私が読書(こうかくとなんかウケル!)にはまったのは
この本のおかげだともいえる。

さあ、読んでみて!!

これからも紹介をしていくのでよろしく!!



こちらから購入できます
[PR]
by naminori-girl | 2004-07-02 11:45 |